翔の会

翔の会Today

[member's voice] VOL.01 中島和子さん

以前は『湘南鬼瓦』に通っていましたが、2年前から『水平線』で暮らしています。普段は、アイロンビーズや毛糸を使ったタワシづくりなどの日中活動や、ゲームをして過ごしています。私はオセロが得意で、神奈川県の大会にも出場しています。今年はライバルに負けてしまったのですが、来年こそは優勝を目指して練習しています。

私は、担当の職員さんと一緒にいる時間が一番好きです。でも、気持ちをうまく話せないこともあるので、手紙に書いて伝えようと思い、今は国語のドリルを使って文章の勉強をしています。職員さんも、日記の文章をチェックしてくれたりして、勉強を手伝ってくれます。いつか自分できちんと手紙を書けるようになりたいです。

『水平線』では、職員さんたちはみなさん忙しそうにしているのですが、もう少しゆっくり話をする時間があるといいな、と思います。メンバーと職員、職員同士もたくさんコミュニケーションを取って、現場の声が多くの人に届くようになってほしいです。そして『水平線』が、メンバーも職員さんも、もっと笑顔でいられる場所になるといいですね。
この記事は、「翔の会20周年記念誌(2012年11月発行)」の掲載記事を元に編集・掲載しています。


社会福祉法人翔の会

〒253-0008 神奈川県茅ヶ崎市芹沢786 TEL:0467-54-5424 FAX:0467-54-5498

Copyrights (C) syonokai All Rights Reserved 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。