翔の会

翔の会Today

[リレーコラム] VOL.025

生きることを楽しむ

総合施設長  斉藤 志津加 (さいとう しづか)  

 この社内報「deでっ報」が始まったのは6年半前です。今回で93回目の発行になります。延べ92人の人がリレーコラムに想いを寄せて来ました。どのメッセージも温かい素敵なメッセージです。はじめてこの「deでっ報」をご覧になる方は、翔の会のホームページにバックナンバーが載っていますので、ぜひ覗いてみて下さい。知っている人が載っているかもしれませんよ。

  

 春。新しい時の始まりです。今日、会議で市役所に向かう途中、鶴嶺高校の入学式の帰りの親子さんをたくさん見かけました。大昔の自分の入学式を思い出しました。晴れていたような気がします。自分が何者になるかなんて、まるで考えず、ましてや福祉をやるなんて、まるで思っていなかったあの頃。ただ友達といることが楽しかった高校時代を思い出しつつ、親子で歩く微笑ましいその姿に、明日から始まる高校生活を仲間と共に楽しんで、おおいに青春を謳歌してほしいなと思いました。そして未来に向かってたくましく、そして楽しく生きていってほしいなと思いました。

  

 そして、私たちの今年度の支援(保育)も始まりました。私たちもまた利用者や入居者、子どもたちと共に楽しい時を作り、何気ない会話やふれあいの中にも喜びを見つけ、分かち合えたらいいなと思いました。それには、ちょっと立ち止まって、今日この人(子)と何をしようかな。この人(子)は今日、何を楽しみにしているかな。何に喜びを感じ、何に悩んでいるのかな。そんな風に一人ひとりの今日に関心を寄せて支援(保育)をしていけたらいいなと思いました。そして共に今日を楽しめたら素敵だなと思いました。もちろん、その人(子)の生まれてから今日までのことを知ることも大切にしたいと思います。それは一人ひとりが、かけがえのない存在だから。

 

 新年度にあたって改めて思うこと。〝楽しむ〟を大切にしたいと思います。そのためにあいさつを大切にしたいと思います。笑顔を忘れずにいたいと思います。みんなの笑顔が大好きだから。



社会福祉法人翔の会

〒253-0008 神奈川県茅ヶ崎市芹沢786 TEL:0467-54-5424 FAX:0467-54-5498

Copyrights (C) syonokai All Rights Reserved 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。