翔の会

翔の会Today

[リレーコラム] VOL.040

思いやる気持ちを大切に

入道雲 主任

河﨑 圭司(かわさき けいじ)


 長雨のうっとうしい季節となりました。

 入道雲に入職し、かれこれ今年で7年が経ちます。職場のスタッフに恵まれ、また利用者さんの笑顔にいつも癒されながら、日々仕事をさせて頂いています。


 新年度になり、新しいスタッフを迎えて早2か月が経ちました。

 入道雲では前年度の反省をもとに改善点を打ち出し、良かった点を振り返りながら毎年の年度初めに、今年度の部署内目標を考えています。事前にスタッフに聞き取りをし、その中からスタッフの思いを取りまとめ、今年度の目標を立てるのですが、部署内のスタッフからはよく「思いやり」というキーワードが挙がってきます。「思いやりをもった支援」の大切さを実感する一方で、言葉にするのは簡単だけれども、それってすごく難しいことだよなとも感じます。私が普段から利用者さん、スタッフに思いやりをもって支援していることってなんだろうと・・・。入道雲の利用者さんは自分からあれをやって欲しい、これをやって欲しいと言葉で伝えることが難しい方のほうが多いので、その人の様子や仕草から何を考えてどのようにして欲しいと思っているのだろうと考えています。またスタッフに対しては、先のことを考えてなるべく仕事がしやすい環境を整えてあげることで、スタッフが利用者さんに関われる時間がもっと増えると思います。そうすることで、より良い支援に繋がっていけばいいなと考えていますが、それを行動することが出来ているかと言われると、そこまで考えてはできていないなと自覚しています。ただ、スタッフ一人ひとりが「思いやり」をもって支援する事で、利用者さんにより良い支援が提供できるとも思っているので、まずは私自身が利用者さん・スタッフに対して「思いやる気持ちを大切に」日々努力していきたいと思います。




社会福祉法人翔の会

〒253-0008 神奈川県茅ヶ崎市芹沢786 TEL:0467-54-5424 FAX:0467-54-5498

Copyrights (C) syonokai All Rights Reserved 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。