翔の会

翔の会Today

[リレーコラム] VOL.042

そよ風とあの花に憧れて

特別養護老人ホームゆるり 主任

角田 光久(つのだ みつひさ)


 私、この仕事を始めて何十年と経ちこれまでそれなりに走り続けてきたわけですが、最近は支援などというワードがピンとこなくて。なぜなら人様を自分が支援するなんておこがましいと思いまして。そのため最近はさわやかな風のような動きを心がけています。ご本人には気付かれずにその方がいい思いを抱いていただければと。例えば、テーブル上のゴミ箱の位置や机と椅子の距離、ベッドの下のほこり除去、皆と同調して飲み物を選んでしまう方への聞きだしの方法など細かい部分が多いのですが配慮させていただいています。


 この仕事はつらいことも多く、私もこれまで紆余曲折あり、だけどまだここにいます…(以下回想)


理不尽なものに腹を立てながら それに飲み込まれていく

理不尽な自分を知る

「嘘ばっかじゃねぇか」と声を荒げながら

「嘘をつかなきゃやってらんないんだよなぁ」と自分に嘘をつく

「そうですよねぇ」と相づちを打ちながら ずいぶんと戦うことから逃げてきたよなぁ

自分を諦めることにもすっかり慣れて  そしてオレはきっと昔よりもずる賢くもなったんだろう


線路沿いに生い茂る雑草の中に 不釣り合いに見えるひまわりを見つけたよ

「おまえ、こんな所で咲いてていいのかよ」

呑気に口を開けて笑う そいつに話しかけたよ

「わたしはたんぽぽの種子でもなく鳥のように羽根があるわけでもなく、だけどさぁ、

どこで生きているかじゃなく、どう生きていくかが大事なんじゃないかな」


がんばれ 日のない時も

がんばれ 晴れない日々も

逞しく上を向き 咲き誇る花になれ

がんばれ 涙の時も

がんばれ 勝てない日々も

力強く顔を上げ ひとり揺れる花であれ





社会福祉法人翔の会

〒253-0008 神奈川県茅ヶ崎市芹沢786 TEL:0467-54-5424 FAX:0467-54-5498

Copyrights (C) syonokai All Rights Reserved 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。